はしでサラダを食べる人
  • ホーム
  • 肉食とオーリスタットと足つぼダイエットの効果

肉食とオーリスタットと足つぼダイエットの効果

ダイエットに必要なのは、体を動かすことと、熱を出して脂肪を燃やすことです。
そもそもなぜ脂肪がついてしまうのかというと、人間にとって脂肪がもっとも効率良くため込めるエネルギー源だからです。
糖質やたんぱく質は1g=4kcalですが、脂肪は1g=9kcalあります。
1gあたり差が5kcalなので、この分だけ貯蔵の効率が良くなります。
少ない重さで多くのエネルギーを貯蔵できるからです。

なので、筋肉に比べると脂肪は軽いです。
そのため、筋肉ムキムキの人は脂肪の量が少ないけれども体重が重い人が多いです。

ただし、それは太っているというわけではなく、熱を生み出す筋肉がついているので、新陳代謝が高く、すぐに痩せられる体ということです。
また、脂肪はたるんでいますが、筋肉は硬く引き締まっています。

筋肉をつけるには、たんぱく質の摂取と運動が必要です。

筋肉を効率良くつけるには、糖質制限が一番効果的です。
メイン食材を肉や魚にすることで良質なたんぱく源を摂取することが出来ます。
その際に脂肪のカロリーが気になる場合には、オーリスタットという脂肪の吸収を抑えてくれる薬もあります。
オーリスタットは摂取した脂肪分のうち30%を吸収しないで排泄させてくれるので、30%のカロリーダウン効果が得られます。
肉食でたんぱく質を摂取して、オーリスタットで脂肪を減らして筋トレすれば、効率良く筋肉をつけることが出来ます。

マッサージを使ったダイエット方法では、足つぼ刺激があります。
足つぼでダイエットに効果的なのは、右と左の足裏の親指と人指し指アンドその付け根の膨らみの部分です。
ここを刺激すると、食欲抑制効果があります。
足つぼを押す時間の目安は、各足1~2分ずつです。